心血管エコー

当院はPhilips社製 超音波装置を使用しています。

当院には超音波検査士(循環器領域)の資格を持つエコー検査技師も勤務しており、高度な診断まで提供できる体制を整えております。

超音波装置による心臓の検査で分かる事

■大きさや形
心臓病の中には心臓のサイズが大きくなったり変形する場合などがあります。一般的に、心臓が大きくなったときは心臓が弱っていることが多いため、各部位の大きさを検査することはとても重要です。また、心臓が弱ってくると形も次第に変化していきます。胸部レントゲンでは心臓の大きさしか分かりませんが、超音波検査では心臓の壁の厚さを調べることで心肥大(心臓の筋肉が肥大すること)があるかどうかも調べることができます。

■動き
心臓の動きを検査することにより、心筋梗塞の場合は梗塞が起こり、収縮運動をしない心筋の場所がわかります。さらに心臓全体のポンプ機能(収縮能・拡張能)も数字で評価することができます。

エコー

エコー

■血流・弁
血液の流れる速度や方向は診断にとても重要です。心臓は四つの小部屋からなり、正常な心臓では《図1》のように血液が一方向に流れています。部屋と部屋の間に四つの弁があり、血流が正しい方向に流れるようにドアの役割を果たしています。
もし弁がうまく機能しなくなって血流が逆流する場合は「弁逆流」、弁が開きにくくなって血液がスムーズに流れなくなったときは 「弁狭窄」という診断になります。


エコー

■血流が見える”カラードップラー法”!
超音波検査では、血液の流れる速度や方向をカラー(色)で表示することができます。
弁逆流の場合は、弁のところで逆向きに流れる血流を検出することによって診断がつきます。
弁狭窄のときは、開きにくくなった弁のところで加速し、速くなった血液の速度を測ることによって診断できます。
このように、弁疾患の重症度も超音波検査で評価することができるのです。



ドップラー法では弁逆流を可視化する事や血流速度を測定し重症度判定を行っています。
左図の症例では三尖弁逆流の逆流速度が3m/秒を超えており心不全状態である事が分かりました。


■心臓壁の異常も見抜きます
心房中隔欠損症や心室中隔欠損症などのように、生まれつき心臓の壁に孔があいているような病気の場合も、そこを通る(孔から漏れる)異常な血流を検出することによって診断することができます。


心室中隔欠損症(左室と右室の間の壁(中隔)に穴の開いた疾患)の方の心エコー図です。
エコー